ダンボールの系譜@Genealogy Search

管理人のGeneaがダンボール学の旅に出かけます

※『ダンボールの系譜@Genealogy Searchは一部記事をダンボール通販のアースダンボールに移転しました。引越し先のウェブサイトにおいても読者の皆様に役立つ情報提供を実施して参ります。宜しくお願い致します。



ゆうパックの箱はなんでもいい?箱と袋の使い分け方も

※2023/1/8:当記事は

www.bestcarton.com

に移転しました。新しいサイトでコンテンツを見つけてください。We moved! Find the content on our new site! 移転先でも皆様のお役に立てる情報提供を実施して参ります。

 

ゆうパックで荷物を送る場合に使用する箱には、サイズに関してのルールは存在しますが、それ以外の制限は特にありません。また、箱ではなく袋に荷物を入れて送ることも可能です。しかし、中身の荷物が破損したり、汚れたりしないように送るためには、梱包用の箱には重要な意味があります。

そこで当記事では、ゆうパックで荷物を送る場合に使える箱について解説します。また、無料でダンボールを入手する方法や、ゆうパックで使えるおすすめのダンボールも紹介するため、ぜひご覧ください。

1. ゆうパックの箱はなんでもいい?

ゆうパックで荷物を発送する際は、基本的に梱包資材に決まりがありません。家にあるダンボールや空き箱、紙袋、ビニール袋でも可能です。ゆうパックの規格サイズ内であれば、他に条件がなく、郵便局窓口などで販売しているゆうパック専用箱でなくても、まったく問題ありません。

ゆうパック規定サイズ

  • サイズは、縦・横・高さの外寸合計が170cm以下
  • 重さは、25kg以下

出典:日本郵便「ゆうパック」

発送時にサイズオーバーで困らないように、あらかじめ規格内容を確認しておきましょう。

1-1. ゆうパックの規格

ゆうパックでは、発送する荷物の規格があります。ゆうパックで送れる荷物の上限は、荷物の縦・横・高さの外寸合計が170cm以下、重さは25kg以下です。もし25kgを超える場合は、通常のゆうパックではなく「重量ゆうパック」を利用して発送できます。重量ゆうパックは、30kg以下の重さなら対応可能です。

また、外寸合計が170cmを超えている場合は、ゆうパックでも重量ゆうパックでも送れません。外寸合計が170cmを超えていても送れるサービスは、「ゴルフゆうパック」や「スキーゆうパック」などの特殊なものに限られます。

出典:日本郵便「長さ・幅・厚さの合計が170cm、25kgを超える荷物でも差し出すことはできますか?」

それでは、ゆうパックの配送方法における、サイズ区分を詳しく解説します。荷物の縦・横・高さの合計が60〜170cmに合わせて、60〜170サイズの7つの発送サイズが用意されています。

60サイズ 三辺の合計60cm以下
80サイズ 三辺の合計80cm以下
100サイズ 三辺の合計100cm以下
120サイズ 三辺の合計120cm以下
140サイズ 三辺の合計140cm以下
160サイズ 三辺の合計160cm以下
170サイズ 三辺の合計170cm以下

出典:日本郵便「ゆうパック」

ゆうパックの基本料金は、7つの発送サイズに分けて、配送距離に応じて設定されている点が特徴です。同じ重さ・同じ送り先でも発送サイズが異なると、料金も異なります。

2. 箱と袋の使い分け方

ゆうパックで荷物を発送する際には、規格内であれば、どのような箱や袋でも使用可能です。しかし、箱と袋の使い分け方に悩む人もいるでしょう。ここでは、箱と袋のそれぞれのメリットを紹介します。

◆箱のメリット

  • 頑丈で、壊れにくい
  • しっかりした見た目で安心感・信頼感がある

◆袋のメリット

  • 資材のコストが安い
  • 受取人は後始末が簡単である

基本的には、壊れやすい品物はダンボールなどの箱に入れて発送しましょう。また、荷物を受け取る人からの印象も、箱のほうがよいです。

ただし、特に見た目を気にしていない場合や破損の危険性が低い場合は、コスト面を重視して袋を用いることも1つの方法です。「どのような荷物を送るのか」「誰に荷物を送るのか」などを考えて、合理的な判断を行いましょう。

3. ダンボールを無料で入手する方法

ゆうパックで荷物を送るダンボールは、無料で入手できる場合があります。主な入手方法は、スーパー・ホームセンター・ドラックストアなどの場所に行けば、無料でダンボールを配っていることが多いです。

スーパーなどで無料のダンボールをもらう際には、店員さんに一声かけてから、もらうようにしましょう。たとえ廃棄する予定のダンボールであったとしても、無断でダンボールを持ち出す行為はマナー違反であり、トラブルの原因になるかもしれません。

また、無料のダンボールを使用して、荷物を梱包する場合は、いくつか注意点があります。ここでは、無料のダンボールを使用する場合の注意点について解説します。

3-1. 無料のダンボールを使用する場合の注意点

無料でもらえるダンボールは、中古のダンボールであるため、安定した品質を期待することができません。強度の低いダンボールに荷物を入れて発送すると、配送中にダンボールが破損してしまう可能性があります。

また、ダンボールに汚れや臭いが付着していると、中に入れる荷物に汚れが付いてしまいます。特に、以下の品物を入れていたダンボールを使用することはおすすめしません。

◆おすすめできない箱

  • スナック菓子
  • 野菜や果物
  • 酒やたばこ

スナック菓子を入れていたダンボールは、紙が薄く軽いため耐久性がないことが多いです。また、野菜や果物を入れるダンボールは頑丈ですが、汚れや匂いがあるため、注意する必要があります。野菜や果物を入れていたダンボールには、害虫が付着しているケースも見られます。

また、酒やたばこのケースは、送り先の人に失礼な印象を与えるかもしれません。もし汚れていなくても、酒やたばこを入れていたダンボールであることが外装から明らかな場合は、避けたほうが無難です。

4. ゆうパックで荷物を送る場合におすすめのダンボール5選

きれいで丈夫なダンボールを使用して荷物を送りたい場合は、無料の中古ダンボールではなく、有料の新品ダンボールを使うことがおすすめです。きれいなダンボールを使うことで、送り先の人からの印象がよくなります。強度の高い丈夫なダンボールを使うことで、荷物を安全に配送することが可能です。たとえ費用をかけてでも、新品のダンボールを使用することには、大きなメリットがあります。

ダンボールなどの梱包資材の専門サイト「ダンボールの系譜」では、ゆうパックの規格に対応した高品質ダンボールを販売しております。以下の公式サイトから、ゆうパック対応のダンボール一覧を確認できます。

 

また、ダンボールだけでなく、ゆうパックで荷物を発送できる丈夫な宅配袋も販売中です。

 

ここからは、ゆうパックの発送に対応するダンボールの人気商品を5つ紹介します。

(広告入)宅配60ダンボール箱

3辺合計60cmの60サイズの中型ダンボールです。B5サイズに対応し、上下の内蓋にダンボールの系譜の広告ロゴが入っています。材質は標準的な素材を使用しており、定形外郵便に対応できます。

 

(広告入)宅配80ダンボール箱(3辺合計70cm)

3辺合計70cmの80サイズの中型ダンボールです。A4サイズに対応し、上下の内蓋に商品のイメージを崩さない広告のロゴのデザインがあります。標準的な素材を使用し、食品や大きめの衣料品の梱包に最適です。

 

(広告入)宅配100ダンボール箱

3辺合計96cmの100サイズの中型ダンボールです。B4サイズに対応し、食品や書籍、大きめの衣料品などの梱包におすすめします。標準的な材質ですが、広告ロゴ入りのダンボールであるため、低価格で購入できます。

 

【広告入】宅配120フルサイズダンボール箱

3辺合計119cmの120サイズのダンボールです。大きさを100サイズにも変更できます。強度のある材質で機能性が高く、引越し用や商品発送用として最適です。また、広告ロゴが入っています。

 

(広告入)宅配140

3辺合計140cmの140サイズの特大ダンボールです。カッターで切り込みを入れるだけで、120〜130サイズにも変更できます。一般的な材質よりもワンランク上のため、機能性が高く、引越しにもおすすめです。やや薄めの作りですが、強度は変わらないコストパフォーマンスの高い商品です。

 

まとめ

ゆうパックで荷物を送る際の箱は、規格サイズを満たしていれば、どのような箱でも問題ありません。また、荷物の破損の心配がなければ、袋でも発送できます。基本的には、箱での発送がおすすめですが、場合によっては袋でもよいでしょう。

ダンボールは無料でも入手できますが、大切な荷物を安全に配送したい場合は、有料の新品ダンボールを使用しましょう。

ダンボールの系譜では、丈夫できれいなダンボールを数多く用意しております。お手頃な価格で購入できるため、興味のある方は、ぜひ一度探してみてください。